大倉山記念館_その弐_主に白色

 昨日の続き。以前に撮っていたものだけれど、季節的には丁度冬。これはフイルムなのだけれど、青空が綺麗だねぇ。次はM9に21mmレンズを付けて出かけた時。コシナ製のツァイスレンズ、あえてC Biogon 21mm/f=4.5の方を選んだのだけど、良いレンズだと思う。まぁ此処での大きさじゃ、余り判らないと思うけど...。 以前は直ぐ近くに住んでいたので、よく登っていたのだな。今でも結構ホールに行く機会もあるので、建物内も撮っては...

大倉山記念館〜赤やら青やら黄色

 年末の仕事にあぶれてしまい、これで良いお年を迎えられるのかしらん?などと云いながら、呑気に散歩に出かけた。....まるで御隠居さまだ。 駅前を通り過ぎて坂道を登って、辿り着くのは街の名の元になった建物だ。大倉さんが建てた建物由来で駅名が変わり、平成になって町名まで変わった。凄いなぁ大倉さん。と云うか昔のお金持ち。 すっかりと木が茂った山は、特に見晴らしが良い訳では無いのだけれど、静かな公園に立つ白い...

巡業仕事納め

 池袋辺りで約1ヶ月働き、その後の1ヶ月余りで今回の巡業的仕事をこなしてきた。5箇所廻って、そのうち3箇所だけはフラフラと散策したけれど、好天だったのは松本ぐらいで、あとは雨・曇り・雪の薄ボンヤリとした空模様。そんな事やらなんやらもあって、今回の徘徊写真編は、わざと色合いを淡く処理しているのよね。(.....ハッセルデジタルの純粋な描写ではないので、誤解しないよう....)ハッセルに、残額沢山!のデジタルバ...

巡業仕事_その四てん五_時計台を見に行こう

 前夜、仕事の終わりは24時を越えて、今日はギリギリまで寝ていようと思っていたのに、なんだか朝早く目が覚めてしまった。カーテンを開けると、「雪が降ります」予報通りの空模様。結局、滞在中に出来たのは、「大通公園・端から端まで散歩」だった。まぁ、只散歩するのには好い通りですけれどね。季節的にはそんな人は余り居なかったけど....。 なんとなく、かなり前になってしまった以前の訪問時にも、漠然と通り過ぎていた時...

粉雪の舞う大通り

 明日は曇り....。なんて云って、目覚めてカーテンを開けると、雪が真横に降っていた。晴れ間が出て来るという予報を信じて、雪が縦になるまで待った。このところの、職場に行くまで散歩。それ程遠くまでは行けないので、取りあえず「赤れんが庁舎」まで行き、そこから大通公園をフラフラ。雪は粉雪に変わって、辿り着く頃には止んでいた。 風が強くて、枯葉が海の波の様に足下で舞った。冬の準備をする作業員さんたちが慌ただし...

巡業仕事_その四

 結局また自粛から規制モードになりそうな時に、大嫌いな飛行機に乗せられてやってきた。着いた日の朝は少し雪がちらついたらしいけど、私的には思ったほど寒くは無くて快適だ。公園では、植え込みやベンチを雪に備える作業をしていた。 いつもより余裕が無くて、漸く徘徊しだした時には日が傾いてしまってた。....明日はどうも曇り空らしいんだ。...