眺眼装置の思いつき

本稿と連携するか否か、 取りあえず思いついたら書いてみる頁。

こころままなる人間は、いつでも海が好きなもの_(7)

 丘から下りて、観音崎公園の第1・第2駐車場の所に出た。美術館の駐車場は、入館すれば1時間は無料で上限は1,600円。凄く高くはないけど、こちらの公園駐車場はシーズンオフの平日なら無料。美術館も普通に歩けてしまう距離だし、灯台周辺も廻るなら、最初からこちらに駐めてしまう方が良いかしらね。 因みに観音崎バス停も公園駐車場脇のレストハウスの所にあるから、 バスで訪れるのも良いかも。一応情報提供してみる。さ...

花の紅い野椿が到る処に咲いてゐた _(6)

 日替わりシフト勤務になっているので、毎日更新するのは流石に厳しいんだけど、今回はどうにかこうにか二日置きくらいに書いてるの。 (.....全然威張れないけど。)でも、書いてあるのは観光案内にもならない、あくまで私的主観な気分なんだものね。 .....誠にスマヌな。まぁ、それ程期待を持って覗いてる人も居ないだろうし〜、などと云う、巫山戯た心意気で今日も更新しております。 .....ホントにスマンな。 (反省のフリ...

清々しい虚無がたちこめる _(5)

 ワタクシ的「横須賀徘徊第一段」(?)たる、丘の上の原っぱに出た。「海は素敵だなぁ〜」お前は雄三さんか? と思いながら仕事仲間にメールを送った。みんな仕事してるのに、私はシフト休みだったからね。もうちょっと奥の方に行くと、子供が楽しめる遊具のある広場が在って、そこから灯台への道が続いているのだけれど、第一段での訪問は美術館訪問がメインだったから、取りあえずこの園地へ来て、あとはボ〜ッと脱力....。ランニ...

無意識な独り合点 (4)

 此処の砲台跡は、少し間隔を空けて二つ並んでいた。その為の弾薬などがあの倉庫に入れられていたのかしらね。道の脇には他にも石が組まれていたり、門柱が建っていたりしたから、今は散策路になっている道も、元々はこの遺構の為。今はすっかりと木々に覆われているから、海を眺めるのもチト大変。やたらと「マムシに注意して!」と書かれていたから、今の季節の訪問で良かったかも....。椿があちらこちらと咲いていた。 (クリ...