眺眼装置の思いつき

蝉の鳴いてる森への小路 _(2)

 1日目の宿泊は、山形の蔵王温泉なので、なかなか遠いのだった。早く宿についてノンビリしたいと云う女性陣の要望もあり、トイレ休憩・食事休憩とPA・SAと適度に停まりつつ進んだのだが、せめて1箇所位は観光していこうと立ち寄ったのが、前回記事の蔵王山の御釜。そう、私も「初御釜!」  (....だから変な語感だってば。)しかしなんだな、あれ、もう写真で見尽くしちゃった感が強いわね。なんかああ撮るしか無いぢやない?...

蔵王の山の雲の中に立つ _(1)

 子供の夏休みと、親(私達ね)の休みの都合で、7月末に旅行に行く事になった。我が姉と老母、それから母の妹(叔母)までの結構な人数で。.....の筈だったのだけど、叔母がコロナで残念ながらの離脱。 う〜ん.....。  私的旅の場合は、朝早く出るし、途中停車も、方向転換も好き勝手出来るけど、あくまで「家族旅行」なので、そんな我が儘な自由は無いのよね。 (当たり前)だからカメラは持っていくけれど、SWCだけで良いんだ...