少年時代の思い出から得たもの

 先日義母が亡くなってから、娘さんは唯一残ってくれている我が老母に、やたらと逢いたがるんだけど、私の休みは平日なので、なかなか機会が無いの。小学校を1日くらい休んでも良かろうとは思うんだけど。 我が老母もあと何年元気でいてくれるのかな?そこに至るのが緩やかな坂なのを願ってはいるけれど、それが「何時」なのか判らないものねぇ。てなことで、我が亡き父親の思い出的な話。 私の実家では、年末になると、お正月...