FC2ブログ

眺眼装置の思いつき

Visuelle Auswirkungen 〜 視覚への効果

 4月に「レンタカー日帰り徘徊」で九州の西の方へ行った。なんだ?9月なのに、また以前のネタを出すのかい?そう思われた方は....、「正解!」なのだ。(記事No160_「西の端へ〜」参照)なかなか簡単に行けない所なので、ホントはもう少しゆっくりと廻りたいのだけれど、何せ仕事で行っている時の休日なのだから、私的な旅の様にはいかんのね。行ってみると感じるのだけれど、それ程「果て」感は無い。「都会」からの距離を無視...

雨の夜に呟くよ

 渋谷を離れて別の場所へと出没中。新規仕事もまだ落ち着かないし、ワクチン接種後も普通に働いていたら、接種した翌々日の午前中が、何だかとても気怠かった。多分働いてたから疲れただけみたいだけど、胸の辺りに違和感を感じると「ドキドキ」しちゃうわね。そんなわけで写真を撮る気力も無かったけど、カメラは一応持っていたりしたのよね。 仕事が少し早めに終わったので、「さっさと帰ろう!」と外に出たら結構な雨だった。...

spielen 〜 戯れる

  何故に英語ではなくて独語なのよ?そう思われても仕方がないのだけれど、なんか時々ドイツ語文を載せているのはね、以前にも書いた(記事No,124)通りの生い立ちに関わっていて、独逸にいる筈の遠過ぎる縁者に読んで貰えればなぁ。なんて....、そういうことにしておいて。 只、断っておかないとイケナイのは、「話者」ではないので、あくまで「読み書き」出来る様に再勉強中。正確なのか怪しいけれど、カタコト文を載せてるのね...

Ein müßiges Märchen 〜 他愛のない話

 私の仕事は、5月の連休明けから6月頃まで、或いは9月・10月の秋頃に仕事が落ちつくので、すかさず有給休暇を貰い、バイクを走らせてテント旅へと出ていた。もうそんなことは、とうの昔に出来なくなっているのだけれどさ....。折角のフリーランスになったのになぁ。過去に、「オート・キャンプ・ブーム」でキャンプ場や河川敷なんかがが荒れた時があったけれど、私が訪れる様な時期には誰もいなかったもの。 だから、山の中や海...