FC2ブログ

Das Klagelied eines Mannes, der seine Stadt verließ

M_chiba_005

 

子供の頃は只の山林だった場所に公園が出来た。
20年位は経つんだろうか? 正確なところは判らないけど。
土日になれば子供を連れた家族が遊びにやって来る。



M_chiba_008



 何処に居るんだろうね?
子供は何処かに居るんだ。
でも、みんな車でやって来ているから。
すぐ近所ではないんだな。



M_chiba_012



 この公園に隣接した場所にも、施設などがあるのだけれど、
通常のお店を開いたりは出来ないから、一般的な観光地ではない。
地元の人からすれば、たまに催しがあるだけの公園だ。



 M_chiba_013



 一応、東京までの通勤圏だし、買い物も何とかなる。
ただ、人口は減っていないようで、その比率は高齢者ばかり。
就職先も限られてるし、当然子育て世代も少ないから子供がいない。


 これって、地方では何処でも似たような事が起きているんだよね。
でも、学校がなくなったら、やっぱり子供を育てる人々はもう来てくれない。

じゃぁ、どうしたら良いんだ? 
素晴らしく景色が良い山や海の側でもないし、大きな商業施設も呼べなかった。
税収も減っていくのに、学校は維持出来ないじゃない?



M_chiba_001



今までも色んな事は考えられてきて、国がお金をばら撒いてみたりしたけれど、
そこに住みたいと思うものがなければ、やっぱり人は居なくなる。

お金のばら撒きなら、
「田舎に子供と住んでくれたら、ひとりにつき年間200万円あげます。」
みたいな「住民雇用法」を制定するしかない。

そんな冗談みたいな方法、無理な話だものね。

妙案なんて思い浮かぶ訳も無い....。
Ich kann mir keine bessere Idee vorstellen.
Das Klagelied eines Mannes, der seine Stadt verließ


関連記事
スポンサーサイト



Comment