FC2ブログ

大阪〜上がったり下がったり_その七


 昨日の続きで、上本町方向から辿って南に下った。


20210607_Osaka_071



 上町台地の真ん中辺りに四天王寺がある。
推古天皇元年(593年)に建てられたという。

物部守屋と蘇我馬子の戦いで、馬子側の聖徳太子さまが、
「戦いに勝ったら、四天王を安置する寺を建てる!」
と誓い、勝利の後に約束通り建立したとのこと。

この寺の様な真っ直ぐな伽藍配置を
「四天王寺式」というのも、その元祖だからですね。

古い昔のお話で御座いますなぁ。
で、その四天王寺。



20210607_Osaka_076


 昨日、私が悪態をついたハルカスを五重塔と並べて撮ってみると....、う〜ん。
まぁそんな事言ってても仕方がないので境内をグルッと一廻り。


 本坊の前は紫陽花が綺麗に咲いている。
でもこれ以上は近づいちゃ駄目! 
なのでこの距離からなのね。


20210607_Osaka_079




 南側に廻っていって中門側からの様子。



20210607_Osaka_083



 西側に廻り込んで、五重塔と金堂の屋根。

塔・トウ・とう! 三連チャン。
そんなに塔ばかり撮ってもしょうが無いんじゃないの?
と思ってたのだけれど、
飛行機雲が延びていくのを見てパチリ。


20210607_Osaka_06



 立派なお寺だし、その創建の由来や歴史もとんでもなく古いんだけど、
残念ながら数多の焼失や倒壊、最後には第二次世界大戦。
昭和の再建なのね。

まぁそんなわけで、今回は回廊内には立ち入らずに、
境内だけ緩ーく廻らせて頂いたよ。



20210607_Osaka_087



 丁度正午頃なので、地面からの照り返しもキツくなってきた。
でもまだ真夏ではないので、木陰に入ると結構涼しい。
だから木陰のベンチを探すんだ。

....何だかグッタリしたオイサンが1人ずつセットになっている。
むむむ。

オイサンも此処に何かを求めてやって来ているのだろう。
癒しなのか、心の平穏なのか、果たしてそれは!?



20210607_Osaka_084



平日の真っ昼間なのである。
只の暇つぶしかも知れないが、
此処に来て、きっと何かを得ていくのだろう。

「凄い混んでます!めっちゃ混んでます!」
そう煽るテレビのワイドショー。
まぁ、そういう所に行けばそりゃそうじゃないの?
此処は平和な優しい世界だった。




20210607_Osaka_082


 また南側を見ればハルカス・ど〜ん! である。
この再建されたお寺は100年経って好い感じに古錆びていくんだろうけど、
あれはその時どうなっているんだろう?
あれはあれで、歴史的建物として残るとしても、どれだけ維持出来るんだろう?
確認する事は出来ないんだなぁ。



 本日最後の写真は645サイズなのである。
たまに載せるけれど、珍しくクリックすると幾らか大きくなるんだ。



20210607_Osaka_080vf_1200



 ハッセルと云えば真四角写真。
でもフィルム時代から、マガジンを換えれば長方形(645)に撮れるのだった。

そしてデジタルでも、その長方形フォーマットで撮影出来るの。
フォーカシングスクリーンに長方形枠、その中に真四角枠が画かれている。

だけど、いつも真四角の構図で切り取ってるんだ。
長方形だと縦写真を撮りたくなるけど、もの凄い撮りづらいし、
真四角で撮るものだって気分でいるからね。(洗脳?)
フィルムと違うのは、撮ったデータとしては長方形に撮れていると云う事。

その辺は、再度長方形写真を載せるので、
その時にもう少し書くね。

てなことで四天王寺編はお終い。




関連記事
スポンサーサイト



Comment