ハッセルでライカM9

 午後になって、娘さんと買い物がてらの散歩に行った。
大晦日なので、お蕎麦屋さんには沢山のお客様。 良かったねぇ。
もう一軒のお蕎麦屋さんは....店主が怪我をなさったとの事で、
お休みになっていた。 残念ねぇ。



L1005056p_1200



 午前中は雨が降っていたし、曇り空の1日だったから、
チョー久し振りにM9を持って出てみたけれど、
撮れるのはボンヤリした写真ばかり。

娘さんの写真を数枚。 
でもそれは載せられないし、ボンヤリしたモノを載せても仕方がないわね。

年の終わりの夕焼け空は、
見られそうも無いまま日は暮れていく。
灯り始めた街灯を撮ってみたり。



LeicaM9_202312_003p_700



 最近かなりご無沙汰だった私のM9。
コレと銀塩ハッセルさんをいつも同時使いしてたんだけど、
どうもテンポが合わなくて、結局はどちらかだけになってたのね。

その後ハッセルさんはデジタル化したので、
同時使い出来るかと云えば、やはりそうもいかない。
ハッセルさんは銀塩でもデジタルと云ってもほぼマニュアルだしね。
それと、最早2台持つ気力が無いんだもの。



LeicaM9_202312_010p_700



気付けば後継機も出まくって(?)いて、最早デビューから14年。
最初にM8を購入、そしてそれ程間を置かずにフルフォーマットのM9.....。
悩んだけれど、M8では広角が弱くなってしまうのが気に入らず、結局申し込んだわけ。

購入出来たのは発売から7ヵ月後。 多分半年くらい入荷待ちした気がする。
  (M8は委託に出したのに、売れずに一旦戻ってきたんだけど、
        その後に某店の高値買い取り期間にてサヨナラした。)


底蓋に当時「20世紀少年_浦沢直樹著」にて使用されていた
「ともだちマーク」入れちゃったりしてますけど、
購入したのが2010年4月だったんだね。

のっぺりした軍幹部にも、M2をスキャンして作ったシールで文字入れしてる。
これは全然剥がれずに今も綺麗に使えてる。 (....邪道な行為かしらね)



LeicaM9_202312_008ep_700



 銀塩ライカならフィルムさえ手に入ればずっと撮影出来る。(それもこの先どうかは判らんけど)
そして14年なんて、どうって事の無い年月。

でもデジタルカメラの10年選手ってどうなんだろ?

「売るにも売れんだろ?」
そう思ってたらコレが好きって人も多いらしく、意外と買い手はいるらしい。
今の内にオーバーホールして貰おうと思いつつ、メンテ代を他に使ってしまってるのよね....。

貴重なKodak CCDセンサー機。(ソコが好いらしいですわ。)
今どき1800万画素だけど、写りに不満は全く無い。
センサー交換はして貰っているので、今の処は問題無いんだけどね。

まぁ、新しいMさんはとても買えないし、
今の処買いたい気持ちもないので、大事に使うつもり。

不安なバッテリーだけは4つ揃えたけど、結構放電しちゃうんだよね。
う〜ん。


 1年の最後、こんな感じで終わり。
また来年。



関連記事
スポンサーサイト



#ライカ#カメラ#公園